豊富な瓦の種類、CADデータを取り揃えた淡路瓦のホームページ。

■地震に強い

地震に強い

建物の構造が規準を満たしてさえいれば、淡路瓦の屋根は震度7の激震にも耐えうるものです。 大震災の被災地となった淡路では、さらなる瓦の軽量化、屋根葺き工法の改良、構造に関する指導など耐震性能を追求。どこよりも地震に強い瓦屋根を提案しています。

■火災に強い

火災に強い

瓦は本来、不燃材であり耐火材ですが、1000℃以上の高温でじっくり焼きしめる淡路瓦は、特に耐火性能に優れています。 火災時にも、ひび割れや変形、溶解を起こさず、有毒なガスも発生しません。火の粉にも強く、もらい火をしにくいことでも知られています。

■劣化に強い

劣化に強い

常に厳しい自然環境にさらされる屋根。最近では、酸性雨をはじめとする化学的要因の含まれる害もあります。 淡路瓦はさまざまな耐候性能に加えて、酸やアルカリに対する実験でも高い耐力性を証明。いぶし瓦を使った実験でも、退色、変色もほとんど見られません。

■水に強い

水に強い

年間約1500~2000ミリの雨が降る日本では、屋根材の防水性も大きなポイントです。淡路瓦は、表面のガラス質(いぶし瓦では炭素膜)が水をはじき、なめらかに除水。 瓦自体の吸水率も少ないため、変質に強く、透水による漏れなども起こしにくいのです。

■通気性が高い

通気性が高い

淡路瓦屋根は、下地に密着させて施工する屋根材とは異なり、瓦の重なりの部分に空気だけが通れる道が生じます。 この空間によって自然に通気・換気ができ、屋根の湿度・温度を調節することができます。いわば屋根全体がエアコントロール構造になっているのです。

■省エネに優れる

省エネに優れる

直射日光を吸収し、耐熱性、断熱性に優れる淡路瓦屋根。寒さにも強く、湿度までコントロールする特性から、“夏涼しく冬温かい”屋根材といわれてきました。 当然、冷暖房にかかる費用も節減できます。メンテナンス費同様、住むほどに光熱費の差も開くのです。

■圧力に強い

圧力に強い

淡路瓦はまた、耐圧性の点でも評価される屋根材。寒冷地の積雪はもちろん、アンテナ工事などによる局部的な荷重にも、十分な強度を持ちあわせています。 桟瓦の曲げ試験でも破壊に対する強さを証明。屋根材に課せられたJIS規格値よりもはるかに高い強度を備えています。

■美しさが続く

美しさが続く

淡路瓦は色味・質感の美しさに定評のある瓦です。そして火や水、熱、化学物質と、さまざまな外敵に対して高い耐性を持っていることから、その美観が永く続くことも特長です。 住む人の生涯に寄り添う強さ、強さゆえの美しさ。淡路瓦だけが誇れる総合性能です。