豊富な瓦の種類、CADデータを取り揃えた淡路瓦のホームページ。

物理的性能 試験データ6<強度>

淡路瓦はJIS規格値よりもはるかに大きな強度をもち、耐圧性も万全です。本来、屋根は積雪以外には荷重のかかる場所ではありません。
しかし、テレビアンテナ取付工事などにより、屋根に人が乗った時の局部的な集中荷重は80~100kgf(784~980N)あり、それに充分耐える性能が求められます。

【曲げ破壊荷重試験】

曲げ破壊荷重試験

桟瓦の曲げ試験は、試験体を写真のように直接直径約30mmの鋼製丸棒で支持し、スパン中央に支持棒と平行させて直径約30mmの鋼製丸棒を用い、荷重速度50N/s(5.1kgf/s)で均一に載荷していき、曲げ破壊荷重を測定します。

<JIS規格> 153kgf(1500N) 0N)
<試験結果> 淡路瓦 253kgf(2479N)